車検予約直通

  • お得なネット予約はこちら
  • 無料10分見積申込

ブログ

プリウスの車検 コミコミ1万円キャンペーン中!

2021.5.29  お知らせ 

ハイブリッド車の車検って高い!って思いませんか?
これは、多くのハイブリッド車にお乗りの皆さんが、購入したディーラーさんでよく分からないまま車検を受けているからではないでしょうか?

ハイブリッド車だから、ディーラーで車検を受けなくちゃダメ!
ハイブリッド車だから、この部品は交換しなくちゃダメ!
ハイブリッド車だから・・・etc

本当にそうなのでしょうか?
カーライフステーションでは、ハイブリッド車だからこそ、車検基本工賃をお安く提供するキャンペーンを実施しています。
車検基本料金をコミコミ1万円でご提供!

今回は、高いイメージのあるハイブリッド車の車検について、特徴や安くするポイントを解説してまいります。

プリウスの車検はディーラーで受けなくてはダメなの?

 

プリウスをはじめとするハイブリッドカーの車検は、「新しい技術だからディーラーで受けるもの」というイメージを持たれている方が多いようです。

しかし、初代プリウス(10系)が発売されたのは1997年、今から24年も前になります。
その後、2003年には2代目となる20系が発売され、2009年には爆発的な人気となった3代目の30系が発売されました。そして現行の4代目となる40系が2015年より発売されています。

このようにプリウスだけでも、複数回のモデルチェンジが行われており、さらに、トヨタだけではなく、今では、すべての国産車メーカーからハイブリッド車が発売されています。

販売したディーラーでは、「ハイブリッド車は特殊な車なので、車検は当社で受けた方が安心ですよ。」というセールストークを使いますが、実際はかなり普及した技術であり、決して特殊な車ではありません。

だから、今では「ハイブリッド車の車検 = ディーラー」ではなくなってきています。

しかし、そうは言っても通常のガソリン車とは構造が違うので、どこの整備工場でも車検が受けられるわけではありません。
実際に、ハイブリッド車の車検を断る整備工場も存在しています。

では次に、ハイブリッド車の車検と普通のガソリン車との違いをお伝えします。

 

ハイブリッド車の車検って普通のガソリン車と何が違う?

 

ハイブリッド車の点検・整備を行う整備士は、整備士資格だけではなく、別途、厚生労働省が定める「低圧電気取扱特別教育」を受講する必要があります。
その上で、必要な設備として「スキャンツール」と呼ばれる「コンピューター診断機」を用意する必要があります。

ハイブリッド車を点検・整備するには、コンピューター診断機は必須の設備ですが、通常の点検・整備とは違い、ドライバーやスパナといった工具での作業ではなく、ハイブリッド車の車載コンピューターと接続してデータを読み取り、そのデータから異常個所を判断しなければならないので、今までの自動車整備とはまったく違ったスキルが求められます。

この読み取ったデータからの判断には、経験も必要になりますので、一定数のハイブリッド車が入庫する規模がある整備工場でなければ、コンピューター診断機だけがあっても対応ができません。
※ 最近では通常のガソリン車でも、コンピューター診断機が必要な車が増えてきてます。

自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)をはじめとした先進運転支援システムが普及してきた背景から、2024年10月より対象車両についてはコンピューター診断機を使った車検が開始されます。

このように、ハイブリッド車の車検を行うためには、ガソリン車だけを扱っている整備工場とは違った設備とスキルが必要になります。

 

プリウスの車検の注意点

 

では、実際にプリウスの車検を受ける際の3つのポイントをお伝えします。

  • どこで受けるかで車検費用が大きく変わる
  • 安くても、コンピューター診断機を使わないところは要注意
  • 使っているエンジンオイルの種類

どこで受けるかで車検費用が大きく変わる

これは、プリウスに限ったことではありませんが、やはりディーラーさんで受けると車検費用は高くなります。
いくつか要因がありますが、やはり車検基本工賃の設定が高いのと、おすすめされる車検時追加整備品目が多いというのが最大のポイントとなります。

ディーラーさんで車検を受ける場合、特別なキャンペーンなどがない限り、残念ながら基本車検工賃については、安くする方法はありません。

一方で、おすすめされる車検時追加整備については、ムダな追加整備を削減することで、車検を安くすることができます。

しかし、おすすめされる車検時追加整備について
「本当に車検時に必要なものなのか?」
という判断を的確にするのは、実際には難しいと思います。

そこで、今回、判断するための簡単なポイントをお伝えします。

ディーラーさんが追加整備品目の説明をする際によく使うトークとして
「次の車検まで持たないので交換がおすすめです。」
というのがあります。
これは、
「この先2年間は持たない。」と、言っているのであって
「今、交換しないと車検が通らない。」と、言っている訳ではありません。
半年後まで持つかもしれないし、1年後まで持つかもしれません。
なので、おすすめされた追加整備品目について
「それは、今、交換しないと車検に通らないのですか?」と確認しましょう。

これが、的確に車検時に必要な追加整備なのかを判断するとても簡単な方法です。
聞くだけなので、知識がなくてもできるし、ディーラーさんが嘘をつくとも思えませんので、簡単で確実です。

当然、車検に通らないものは交換しなければなりませんが、今ではなく、半年後や1年後でも大丈夫なものであれば、そのタイミングに交換すれば問題ありません。
これだけで、かなり車検費用を安くすることができるし、地球環境にも優しくなるので一石二鳥です。

また、車検には関係ないが、車検のタイミングで交換した方がよいものもありますので、その辺りも聞いてみましょう。
例えば、ブレーキフルードやCVTF、エンジンオイルなどは、減っていなければ車検には通りますが、走行距離や交換時期が車検のタイミングと一緒であれば、同時に作業された方が安心だし、工賃も安く済むことも多く結果的にはお得になります。
エアコンクリーンフィルター等の快適装備品も、車検時に一緒にやった方がお得になることが多いようです。

このような工夫をすることで、ディーラーさんで車検を受けたとしても、今までよりは車検費用を抑えることができます。
しかし、車検基本料金の設定が高いので、やはり総額では高くなってしまいます。

今ではディーラーさん以外でも車検ができる整備工場が増えてきています。
やはり、安く車検を受けるならば、ディーラーさん以外の整備工場を探すのがおすすめです。

 

次からは、安くても安心して車検を任せられる整備工場を探すためのポイントをお伝えします。

安くても、コンピューター診断機を使わないところは要注意

しかし、いくら車検が安くても、コンピューター診断機を使わないで車検を行う整備工場はおすすめできません。
プリウスは、エンジンとモーターで走る車ですから、当然、制御は車載のコンピューターで行っています。
車載のコンピューターは、ちょっとした不具合であれば自分で調整してしまいますので、運転していても気づかないこともあります。
しかし、不具合が治っている訳ではなく、あくまでも調整しているだけなので、いつまでもそのまま走っていられるとは限りません。
車検時にコンピューター診断機を使わなければ、不具合を発見することができませんので、運転していて不具合に気づいた時には、すでに手遅れ!
こうなると高額な修理が必要となるかもしれません。

このような、最悪な事態を避けるためにも、コンピューター診断機を使った車検がおすすめです。

使っているエンジンオイルの種類

自動車のメンテナンスにおいて基本となるのが定期的なエンジンオイルの交換です。
ほとんどの方は、車検時に一緒に交換されるのではないでしょうか?

実は、通常のガソリン車とは異るハイブリッド車に適したエンジンオイルがあります。

これは、ハイブリッド車と通常のガソリン車を比べると、エンジンンの温度が上がりにくいという特性があるためです。

この特性を無視して、通常のガソリン車用のエンジンオイルを使用すると、エンジンンに負担がかかるので、燃費が悪くなってしまいます。

ハイブリッド車はエンジンが止まってモーターで走っている時間があります。
特にプリウスをはじめとするトヨタ社のハイブリッド車は、完全にエンジンが止まる仕様になっています。
このため、エンジンの温度が上がりにくくなっています。

さらに、通常のガソリン車は、エンジンを始動してから目的に到達するまで、エンジンを切ることはありませんが、ハイブリッド車は、一定の条件が整えばエンジンを停止し、モーターでの走行となります。
その後、モーター用の電力が不足すると再度エンジンを始動。
これを適宜繰り返します。

つまり、プリウスは通常のガソリン車と比べると、エンジンが冷えた状態での始動を数多く行うことになるので、この特性にあったエンジンオイルが必要となります。

具体的には「0W – 20」の低粘度のエンジンオイルがおすすめになります。
このタイプのエンジンオイルの特徴は、エンジンの温度が上がらなくても、粘度が低いため始動性が高く、エンジンの負担が少なくなり燃費の向上につながることです。

つまり、エンジンオイル交換を依頼した時に「0W – 20」のオイルを標準として使っている整備工場であれば、ハイブリッド車の特徴を理解していると言えます。

しかし、0W-20のエンジンオイルは、ガソリン車で使われているものより通常は価格が高くなります。
当社ではお客様の負担を軽くするために、工賃込で1回3,300円で交換できるパックをご用意しておりますので、ぜひご活用ください。

ディーラーさん以外で、安心してプリウスの車検を任せられる整備工場のポイントをお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?
この他にも、いくつもの判断基準がありますが、今回は比較的分かりやすいものを選んでみました。

次からは、実際のプリウスの車検費用についてお伝えします。

 

プリウスの車検費用

 

車検費用は誰もが安く抑えたいと考えています。
そこで、車検費用について理解していただくことで、無駄なく車検費用を抑えるポイントをお伝えします。

 

車検費用の内訳

 

プリウスに限らず、一般的に車検費用は大きく3つ分類されます。

  • 法定費用
  • 車検基本料金
  • 車検時追加整備費用

 

法定費用

この中で「法定費用」については、基本的にどこで車検を受けられても変わりません。
しかし、一部の会社では本来「法定費用」ではなく、基本料金に含まれるべき「検査代行料」等を法定費用に含んでいるところもあります。
内訳をよく確認することが重要なポイントになります。

一般的に法定費用と分類されるのは

  • 自動車重量税
  • 自賠責保険料
  • 印紙代

の3つになります。
これ以外の項目が法定費用に含まれていた場合は要注意です!

法定費用は原則どこで受けても変わりませんが
プリウスは車の重量ごとに異なる「自動車重量税」がエコカー減税の対象となっているケースが多くあるので、お得に車検を受けることができる可能性が高い車です。

法定費用内訳

  • 自動車重量税 : 24,600円 ※1
  • 自賠責保険料 : 20,010円
  • 印 紙  代 :   1,000円 ※2
  • 合計法定費用 : 45,610円

※1 車検回数や、年式、グレードなどにより減税となる条件が異なります。
国土交通省が車検時の自動車重量税がいくらになるのか調べられるサービスを提供していますので、実際に納める税金を事前に調べることができます。
https://www.nextmvtt.mlit.go.jp/nextmvtt-web/

※2 印紙代は民間車検場と認証工場で異なり、さらに当社はOSS申請の登録を導入しているので100円だけですが、他の民間車検工場の店より安くなります。

 

車検基本料金

車検基本料金は、車検を行う店舗によって、大きな差があります。
車検費用の情報をインターネットの比較サイトなどで検索し調査する場合は、この車検基本料金を比較するようにしましょう。

カーライフステーションでは、現在、プリウスの車検基本工賃をコミコミ1万円で受けられるキャンペーンを実施しています。
車検基本工賃+事務手数料+保安確認検査料すべてコミコミで1万円です!

▼お申し込み・ご予約はこちらから▼

プリウスアクア車検コミコミ1万円

参考までに、ガソリンスタンドなど安い価格を提示している加盟店が多い楽天車検によると、プリウスの車検費用の平均金額は61,760円となっています。
※2021年5月29日現在
これは「法定費用+車検基本料金」の合計金額で、車検時追加整備費用を含まない金額になります。
カーライフステーションの場合は、同じ条件で55,610円となりますので、他社と比較してもキャンペーン期間中は圧倒的にお得になります。

 

車検時追加整備費用

プリウスのおすすめメンテナンスメニューは?

すでに、プリウスの車検において、コンピューター診断とエンジンオイルの重要性については、お伝えしましたが、その他にもおすすめのメンテナンスメニューがいくつかございます。

  • ブレーキフルード交換
  • CVTF交換
  • 燃料系メンテナンス
  • クーラントリカバリー
  • ワイパーの劣化や切れによる交換
  • エアコンクリーンフィルターの交換
  • タイヤの劣化や減りによる交換
  • バッテリー交換

代表的なものは上記の項目になりますが、この他にも一定期間で劣化する消耗品等も車検時にはチェックしておきたい項目になります。

カーライフステーションでは、お客様のお車の状態を確認し、使用状況などを考慮して必要なものをご提案しておりますので、安心してご相談ください。

 

今回は、プリウスの車検について解説してまいりましたがいかがでしたでしょうか?
カーライフステーションでは、プリウスだけではなく、他の車種の車検も取り扱っておりますので、ぜひご利用ください。

車検料金は こちら から

また、車検の価格が安いだけではなく、車検後のメンテナンスもお任せください。
6ヶ月ごとの定期点検を無料でご提供しています。

ぜひ、カーラーフステーションをご利用ください。

 

 

カーライフステーションは、さいたま市・上尾市・久喜市で3店舗展開中!
すべてのお店が、民間車検工場を併設しています。

  • 岩槻インター店 0120-344-713
  • 上尾店     0120-344-860
  • 久喜店     0120-344-820

軽自動車からコンパクトカー・ハイブリッド・SUV・ミニバンまで、あらゆるお車を展示販売中です。
新車はもちろん!未使用車・中古車も取り扱っています。

  • 軽自動車ご購入は こちら から
  • 乗用車・コンパクト・ハイブリッド・ミニバンのご購入は こちら から
  • 新車のご購入は こちら から